おすすめ攻略法

どんなゲーム?


ドラゴンランドを開拓し、ドラゴンを育成して戦わせたり、
繁殖させて掛け合わせを楽しんだりできます。

・強いドラゴンを育てて大会で勝つ。
・ドラゴンを全種類コンプする。
・ドラゴンランドを隅々まで開拓して整地に努める。

…などが当面の目標になると思います。
ドラゴンの種類は基本形だけでおよそ64種類。
はじめは自由気ままに繁殖させて種類を増やすだけで楽しいと思います。

初期は火がオススメ!


はじめ.jpg

ドラゴンランドは初期の育成に最もお金がかかります。
エサ代だけならともかく、新規大陸の整地にはさぞ金策に苦労する事でしょう。

繁殖を意識してすべてのドラゴンを均等に配置した場合、
水ドラゴンはお金の溜まるスピードが遅く、土ドラゴンは上限が少なめ。
しかし炎ドラゴンだけはお金の溜まるスピードも上限も申し分ありません。

なので初めは土や水などの生息地は申し訳程度に1つずつ置いておき、
残りは炎生息地でランドを1杯にして稼ぐ方法がおすすめです。

やりすぎ.jpg

Lv8になれば大型炎生息地(MAX25,000)が購入できるので、
ここに炎玉ドラゴンやマグマドラゴンを満杯にしましょう。
初期はエサの栽培能力が乏しいですが、Lv4もあれば十分です。
写真はやややりすぎな位ですが、立ちはだかる障害物を除去するには
このくらいの資金力がなければ太刀打ちできません。

Lv14になれば大型水生息地(MAX50,000)が購入できるので、
そしたら今度は水ドラゴンで稼ぎましょう。
土ハーフのドロロドラゴンと滝ドラゴンが優秀です。

また、Lv21になれば大型氷生息地(MAX75,000)が購入できます。
それ以降は伝説生息地(MAX750,000)が資金源になると思いますが、
伝説系のドラゴンは最初の1匹目を手に入れるまでが長いと思います。

整地は地味に美味しい。


はじめの大陸はチュートリアルに沿ってプレイすれば
トントン拍子に開拓が進み、豊かなランドとなっている事でしょう。

岩たかい.jpg

しかし第2ランドからは「岩」が登場します。
これは整地時間が長い上に、なにより除去に膨大なお金がかかります。

こちらの生産能力はせいぜい1晩に15万金貨が良い所でしょうから、
1日1つずつせっせと除去するのは骨が折れるでしょう。

しかし、障害物の除去は経験値効率が最優秀。
15万金貨の巨大石ならそっくりそのまま15万経験値。
これらをまとめて除去すれば、あっという間にLv20に達してしまいます。

初期戦闘にはレアハーフを。


はじめはどのドラゴンもLv10までしか育成できません。
なので対戦で差をつけるには、初期パラメーターの優秀なドラゴンを用いるのが定石です。
初期に手に入るレアハーフ(体力2000,攻撃200)はマグマ、ブリザード、サボテン、サンゴですが
そのうちブリザードやマグマはそれほど発生確率が低くなく、
なおかつ繁殖期間も短いので対戦で大いに役立ちます。

たいせん.jpg

写真の炎ドラゴンとマグマドラゴンは同じLv7ですが、
HPにして2倍の差が開いています。
これは初期パラメーターにLvをかけた値がまともに
HPなり攻撃力なりの数値に反映されているからで、
同じLv同士でやりあったら、基礎パラメーターの低い素の炎ドラゴンにまず勝ち目はありません。

後半はもっと基礎パラメーターの優秀な異種ハーフや伝説ドラゴンが仲間になります。
お金に余裕が出てきたら進化や転生などもやってみてくださいね。

体力1000、攻撃100…素ドラゴン(炎など)
体力1500、攻撃150…凡ハーフ(炎玉、クラウドなど)
体力2000、攻撃200…レアハーフ(マグマ、ブリザードなど)
体力2500、攻撃250…異種ハーフ(アルマジロ、ホタルなど)
体力3000、攻撃300…伝説系(伝説、水晶など)

※当wikiでは基礎パラメーターごとにドラゴンを5段階に分けて表記してます。

掛け合わせは根気で勝負!


「サンゴが出ない!」「ホタルが出ない!」「ガソリンが(ry」
アプリのコミュニティを覗いていると、大概このような悲鳴が聞こえてきます。

同じ水と土のハーフでも水ドラゴンと滝ドラゴンの発生確率は大いに異なり、
低いほうは高いほうの1/4ぐらいの確率でしか発生しません。

特に後半苦労するのは直接交配が不可能な異種ドラゴンですが、
これは交尾時間の短いハーフを掛け合わせて何度も結果を見るしかありません。
「右に○○ドラゴンを置く」や、「○○ドラゴンだとレアが出やすい」などの情報が
ネット上に散乱していますが、それらはデマである可能性が高く、信憑性がありません。

結局出る人はポンポン生まれるし、出ない人はいつまで経っても生まれません。
あとは気合と根性で達成するしか手はないと思います。

ハーフとハーフで掛け合わせた場合、出てくる結果は4×4の16通りのドラゴンが生まれます。
あまり図鑑の達成度は気にせずに、「気軽」に交配を楽しむのも飽きない秘訣だと思います。

こうび.jpg

後半Lv20を超えると炎~闇までの8種類の素ドラゴンが購入できるようになり、
掛け合わせの幅が最大限に広がります。図鑑が埋まるまで長い道のりなので、
対戦などと同時進行しつつ、気長にプレイしましょう。

宝石だいじに。


忘れちゃいけないのが宝石の使い道。
ドラゴンランドでは課金アイテムである宝石を、ログインボーナスや
対戦成績、レベルアップなどで貰えます。

トーテム

ついつい使ってしまいたくなりますが、
通常プレイで貰える宝石の量にも限度があります。

30レベルまでLvアップしたとして…30個
戦闘マップでLv10まで勝利したとして…30個、
闘技場でLv2まで攻略したとして…20個、
その他クエストやログインボーナス、月曜商品などで20個、

無課金プレイで100個も手に入ればまぁ頑張ったほうでしょう。

それに対し支出面では、

新規大陸購入…25+50+100で175個、
繁殖ランド…100個、
孵化場…15+30+60で105個、

固定資産だけでも380個。
これにルーレットや進化転生費用などが加わると、
プレイスタイルにもよりますが、おそらく500個は超えるでしょう。

クエストのトーテム類に騙されて使ってしまうと後で泣きを見るので、
宝石は極力温存しながらプレイする事をお勧めします。

購入するなら極力安い日に絞りましょう。
26宝石500円の特価セールが狙い目。

  • 最終更新:2013-06-05 13:49:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード