ゲーム開始時、ドラゴンのLv上限は一律で10である。
しかし、寺を建ててそれを強化する事により、
ドラゴンのLv上限は15、20とLv5刻みで開放されてゆく。

寺

炎系ドラゴンのlvキャップ開放には炎寺が必要で、
水系ドラゴンのLvキャップ開放には水寺が必要。
そのハーフドラゴンのLvキャップ開放には両方が必要となる。

買ったばかりの基礎寺にはLv上限開放の能力はなく、単なる飾り。
これを初級寺に強化してはじめてLv上限が15となる。

なので、Lv20になったからといって焦って寺を買う必要はない。
基礎→初級の強化には最低でもLv25が必要なので、それから購入しても遅くはない。

寺2

基礎寺をレベルアップしようとすると、このようなウィンドウが出る。
25/30と出ているが、右が必要なLv10ドラゴンの数で、左が現在の数。
つまり基礎寺→初級寺のレベルアップには、Lv10ドラゴン30匹と、3M金貨が必要である。

・炎寺のレベルアップを手伝えるのは、炎ドラゴンと、炎属性となにかのハーフのみ。
 炎属性を有していればマグマでもスパイスでもブリザードでも構わない。

・Lv10ドラゴンが30匹必要だからといって、その30匹を現物で揃える必要はない。
 ドラゴンをLv10にした後すぐ売っても(食わせても)カウントは残る。

・エサ効率を考えると、体力1500-攻撃150の凡ハーフを用いるのがよい。
 消費するエサは1.2倍で、2つの寺を同時に強化することができる。

寺の種類 開放されるLv お金 必要なドラゴン
基礎寺 1,000,000金貨 なし
初級寺 15 3,000,000金貨 Lv10ドラゴンを30匹
中級寺 20 10,000,000金貨 Lv15ドラゴンを25匹
上級寺 25    

寺3

寺はレベルアップすると色が変わる(灰→赤→青)ので、
並べて置いておくと現在の進捗状況が分かりやすい。

ちなみにLv10ドラゴンを30匹用意するのにかかるエサは
素ドラ(10,220)換算で306,600エサ。虹フラワー(1,200)255回収穫分。
虹フラワーとテントウムシコンビ(1920)を12箇所(23,040)栽培して、13日かかる計算。

  • 最終更新:2013-06-03 12:17:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード